ダブルパンチなお悩みへの処方箋


感性ゆたかな

あなたの魂がよろこぶ仕事で

独立起業を成功にみちびく

ソウルワーク・リーディング

鈴木さくらです。

ソウルワーク・リーディングや

キャリアの面談をしていると

「何かに焦っている」

人を多く見かけます。

30歳になってもちゃんとした就職をしたことないなんて

この先も日本の社会では就職はできないのではないか…

35歳を過ぎると転職は難しいから

今のうちに転職を考えた方がいいだろう…

40歳までには子どもを産みたいから

今のうちにキャリアをしっかり積んでおかなければ…

という「年齢の節目」を前にして

あれこれ悩み、焦ってしまう人。

はたまた

今の会社では将来像が描けないから

転職したほうがよいのか… 将来を考えると、今何かしておかなくちゃと思うけど

何をしたらよいかわからない… この先、結婚もしたいし

子どももほしいと思ってはいるけれど

今の会社ではきっと両立が難しいし、相手も探せない… と、将来に対する漠然とした不安から

今のうちに何か手を打っておきたいけれど

何をしたらよいか分からず、焦っている人。

悩みが尽きませんね^^;

あなたは、このようなお悩みの共通点がわかりますか?

それは、

世間の常識

世間体

誰かとの比較

が根底にあるということです。

つまり、

30歳になったらちゃんとした就職をしているのが当たり前。

将来像が描ける会社でキャリアを積んでいくのが当たり前。

それが、人並みに幸せな人生を歩んでいくことなんだ。

と、一般的な常識や

自分と似た環境にいる人たちと比べて

そこからズレている今の自分に

不安になってしまうのですね。

さらには

自分には

突出して誇れるものがないと

思い込んでいるので

ますます焦る…

というダブルパンチなお悩みです^^;

このような人、多いなあと感じます。

はい、

では、どうしたらよいか?

私は3つのポイントをお伝えしています。

一つ目は、

まだ起きていないことに対して、不安の先取りはやめること。

「まだ起きていないこと」は

「現実」になっていないということ。

不安の先取りをすると

その不安通りの現実を引き寄せてしまいます。

現実になっていないことに

今から不安になる必要はないのです^^

二つ目は、

自分の本当の気持ちを知ること。

世間の基準に合わせて

「どうすべきか」

「どうすればよいか」

ではなく、

あくまで、あなたが

「どうしたいか」

です。

ご自分への

正しい問いかけをすれば

正しい答えが得られます。

3つ目は、

「自分には突出した誇れるものがない」

という思い込みを手放すこと。

現実は、あなたが思い込んだ通りになります。

本当ですよ^^

「ない」と思えば「ない」現実が目の前に現れるだけ。

「ない」ことにフォーカスするのではなく

「ある」ことに意識を向けましょう。

なにも「ない」人なんて

この世にいないのですから^^

あなたには、何があるのでしょう?

---------

ソウルワークに辿りつくヒントを

無料メール講座でお伝えしています。

『本当にやりたい仕事がわかる!

人生好転型ソウルワーク10日間無料メール講座』

ご登録は⇒

https://canyon-ex.jp/fx20311/storycd

---------

感性ゆたかな

あなたの魂がよろこぶ仕事で

独立起業を成功にみちびく

ソウルワーク・リーディング

鈴木さくら

Facebook https://www.facebook.com/39rasuzuki

#キャリア #お悩み #処方箋 #思い込み #不安の先取り #本当の気持ち #魂がよろこぶ #ソウルワーク #独立起業 #感性ゆたか