闇ストーリーのなかに希望がある

感性ゆたかなあなたの魂がよろこぶ仕事で

個人ビジネスを成功にみちびく

ソウルワーク・リーディング®

鈴木さくらです。

(®がついて、まだ慣れないので、なんだかくすぐったい感じ^^)

つくづく思う。

悲しくて、辛くて、淋しくて、

こころがぎゅっと縮こまってしまう闇ストーリーは、

本人と誰かを照らす「希望の光」となるのだと。

教材戦略コンサルタント矢澤 典子さん

一緒に進めている『講座格上げプレミアム』

これは個人事業家さんの講座商品を

プログラムと教材から

大きくブラッシュアップをして

売上拡大を目指すサービスなのですが

スタートアップコンサルティングで

クライアントさんを含めた三者で

様々な角度からブレストをして

クライアントさんの核心にどんどん迫っていく

プロセスを辿っています。

そのクライアントさんから

闇ストーリーが届きまして

それに目を通したら…

そこには希望の光がありまくりでした。

そう、

「ある」なんてもんじゃなく、「ありまくり」。

「過去、自分が悩んだことは、あなただけのものじゃない。

必ず、どこかの誰かも悩んでいることを思い出して」

私が社会人になってから大学院に通った際、

そうですね、

もう10年も前に、ある先生から言われた言葉です。

「自分自身を置き去りにして問える問題など、問題ですらない」

とも教えてくれました。

今、その先生からの言葉が

改めて、ずしーんと私に響いています。

クライアントさんの闇ストーリー、

起業塾メンバーの闇ストーリー、

そして

私自身の闇ストーリー。

それを置き去りにして問える問題など、

そんなものは問題ですらなくて

世の中の誰かが抱える問題(お悩み)は

かならず密接に自分自身とつながっている。

だからこそ、

それを解決したいという気持ちが

ふつふつと湧き上がってくる。

それが、本当にやりたい仕事で起業する

「ソウルワーク起業」で個人で仕事をする際の

大きな原動力となるのですね。

闇ストーリーは本当に希望の光の宝庫です。

その目線を持つと

あらためて「傍をらくにする=はたらく」って

尊いことだなと思います^^

■□–––––––––––––––––––––––––––––––

– 感性ゆたかなあなたの魂がよろこぶ仕事で

個人ビジネスを成功にみちびく –

Soulwork Reading ∞ Soulwork Leading

ソウルワーク・リーディング®︎

鈴木さくら

『本当にやりたい仕事で起業する!

人生好転型ソウルワーク10日間無料メール講座』

はこちらから▼

http://www.sakuravivalavida.com/mailmagazine

#ミッション #ソウルワーク起業 #起業コンサル #講座プログラム