統合(ユニティ)の今、歳を重ねることを恐れない。なぜなら「人生の正午」からもっとよろこび溢れる時間になるから


======

好評だったメールレターをブログでもご紹介しています。

メールレターご登録はこちらからどうぞ。

======

ソウルワーク・リーディング®

鈴木さくらです。

「人生の正午」

この言葉を聞いたことはありますか?

心理学を学んだことのあるひとでしたら

どこかで聞いたことがあるかもしれませんね。

これは、精神科医であり心理学者であるユングの言葉です。

いわく、

-------------

人生80年と考えたとき

40歳くらいを「人生の正午」と

捉えることができる。

40歳までは

学んだり、仕事をしたり、家族を作ったりして

人生の基礎を築くことに一生懸命取り組んできた。

これまではある意味、

社会の一員として生きていくうえで

「義務」を果たしていくことに光を当ててきた。

けれども

40歳以降はそうした義務の影になっていた部分に

光を当てていくことになる。

それは、本当の自分自身を見つめて

ありのままの自分自身を見つけて

「統合」していくことであり

それを「個性化(individuation)」とよぶ。

----------------

今は人生100年時代と言われる時代に突入して

19-20世紀を生きたユングの時代とは異なりますが

晩婚化が進んだくらいで

40歳までにすることは当時と大きくは変わらないと思っています。

だから

「40歳」という数字はそのまま当てはまるでしょう。

ユングの「人生の正午」説を人生に当てはめてみると

太陽が真上に昇るまではぐんぐんがむしゃらに成長する時期で、

正午を過ぎて少しずつ日が傾いてくると

つまり、40歳を超えると

肉体を持ってこの地球を生きる

人間としての「統合の時間」がやってくる、

ということになりますね。

この「統合の時間」、まさにそうだな~!

と思うのは私だけじゃないはず。

とくに、

これからはますます「統合(ユニティ)」の

タームに地球全体が入っています。

地球の統合と個人の統合が

符合するように進んでいることを実感します。

たとえば・・・

  • 1)公私の統合

  • 2)男性性と女性性の統合

  • 3)思考と感情と身体の統合

  • 4)自分と宇宙(神)の統合

  • 5)前世(過去世)と今世の統合

  • 6)物質世界と精神世界の統合

  • 7)地球に降りてきた際に別れた別の魂との統合

分離の世界から統合(ユニティ)の世界へ。

これらの統合が進むほどに

物事の捉え方が変わっていき

必要なことしか起きていないことに気づいて

自分は一人じゃない、みんな繋がっている

という愛の感覚で満たされて

何が起きても心の平安を保てるようになって

生まれてきた目的を知るようになって

自分の使命に気がついて

どんどん生きやすくなって

「この人生はしあわせ以外、他に何もない」

と、じわじわと

真からのよろこびを感じられるのだと思います。

そう、

それは魂のよろこびに他なりません。

私たちは肉体という、いわば着ぐるみを着ていて

目に見えるように今ここに存在していますが

本当は

光のような見えないエネルギー体である魂が本来の姿。

その魂は、もっともっと成長したい!

と、いつも思っています。

だから、この地球にやってきました。

成長するには

楽しさやうれしさや感動、

痛みや絶望感や悲しみといった

体験が必須です。

体験という漢字が表す通り、

この肉体がなければ体験することも

味わうこともできませんものね。

闇を体験するから光が何なのか理解できる。

光を感じられる。

闇と光、もしくは陰と陽、

この正反対のものはすべてセットになっていて

その統合をバランスよく取り組んでいくこと、

それがユングのいう、人生の正午以降の

「個性化(individuation)」なのでしょう。

個性化が進むほどに、あなたの魂はよろこび溢れていく。

地球全体の統合(ユニティ)とともに。

歳を重ねていくことは

ゆたかさが増す

真からのよろこびなのだなと改めて思います。

■□–––––––––––––––––––––––––––––––

-感性ゆたかなあなたの魂がよろこぶ仕事で

個人ビジネスを成功にみちびく-

Soulwork Reading ∞ Soulwork Leading

ソウルワーク・リーディング®︎

鈴木さくら

#変化変容 #使命 #調和 #統合